折れたひまわり、空を仰ぐ

  • 2018.01.13 Saturday
  • 16:11

JUGEMテーマ:軽度発達障害児

 

 

 

2016年の6月、Viviがお友達から小さなひまわりの苗を貰って来たの。持ち帰り方が雑だったのね…。そのひまわりは、茎がポッキリと折れてしまっていたわ。90度どころか、150度にポッキリと。

 

 

「発達障がいです」との診断を受けてすぐ、Viviは普通学級から支援学級に移ったの。仲良くしてくれていたお友達とも疎遠になるかな? と思っていたんだけど、ひまわりをくれたこのお友達は、支援学級や家に遊びに来てくれたりと、以前と変わらない態度で接してくれたわ。本当に優しくて、可愛い女の子なの。

 


でも、Viviが貰ったひまわりは…とてもじゃないけど花が咲くとは思えなかった。私はViviに、「このひまわりはもう無理だよ」と伝えたわ。でもViviは「お友達から貰ったひまわりだから植えたい」といったの。

私は無意味だと思いつつも、Viviの希望を叶えたわ。叶えたといっても、庭に転がっていた植木鉢に園芸用の土を半分だけ入れて、ポンッとひまわりを植え替えただけよ。

 


Viviは水やりを欠かさなかったわ。とはいえ梅雨時期だったから数える程度ではあるけれど、晴れた日には、ひまわりに何かをブツブツと言いながら水をやっていたの。

 

 

それから1か月が経った頃かしら。私の視界にふと、見覚えのない植物が映ったの。小さな葉を危うげに掲げたその植物。それは紛れもなく“お友達から貰ったひまわり”で、ポッキリと150度に折れていた部分はしっかりと修復され、茎は以前よりも一回り太くなり、青空に向かって真っすぐに微笑んでいたのよ。

 

 

心の底からビックリしたわ。だって、あんなにもポッキリと折れていたのに。育つとは思えなかったのに。私は「このひまわりはもう無理だよ」と諦めたのに!
――きっと、Viviの純粋な心と、水と、言葉が“お友達から貰ったひまわり”を生き返らせたのね。

 

 

Viviが学校から帰ってすぐ、一緒に土を足したわ。支柱を立てて、栄養を与えた。夏には小さいけれど、可愛いひまわりの花が咲いて、Viviは飛び跳ねて喜んでいたわ。

 

 

それぞれが持つ可能性をあきらめず、愛情をしっかりと与え続ければ、“私のひまわり”もViviのひまわりのように、綺麗に花咲くのかしら?

 


そう思わされたこの出来事は、今でも私の心の支えとなっているの。Viviが癇癪やパニックを起こすたびに「もういい! もう嫌!」ってすべてを投げ出したくなるんだけど、「きっと花咲く、絶対に花が咲く!」そう自分に言い聞かせて、愛情と療育をViviに与えているわ。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM