小学校に入る前の『就学相談』を受けてみた結果…

  • 2018.01.03 Wednesday
  • 23:34

 

 

小学校に上がる前、Viviは“就学相談”というのを受けたの。私はViviが普通学級で授業を受けられるとは思えなかったのよね…。だから幼稚園の先生に相談し、「まずは“就学相談”を受けてみましょう」ってコトに。
就学相談当日は、幼稚園の担任の先生、副園長先生、幼児教室の先生が来てくださり、相談員の方がビックリするほどの大人数で面談を受けたのよ(笑)。

 

 

就学相談”は

 

・普通学校の普通学級
・普通学校の特別支援学級
・特別支援学校

 

この3つの選択肢の中から、どれを選んで就学すればいいのかを相談するところだけど…ぶっちゃけて言えば「わが子は普通学校の普通学級へ通えますよね?」という診断を仰ぐ場所みたいな雰囲気だったわ。


通学予定の小学校で受ける“就学前健診(就学時健康診断)”で引っかかり、「再検査を受けてください」と言われたお母さんもビックリなんでしょうけど…、就学相談はなんていうのかしら。なんとなくお母さんたちの念が渦巻いているようで、会場内がドヨーンとしていたのよ。「また行きたいわ☆」とは到底思えない場所だったわね…。

 

 

 

 

相談員の面談では、『幼稚園での生活』『Viviの得意なこと・苦手なこと』『お友達との付き合い方』など、集団生活でのViviの様子をたくさん聞かれたの。幼稚園や幼児教室の先生に来ていただけて本当に助かったわ。親ではわからないことも多いから。

 

お話のあと、Viviは別室へ。あとで話を聞けば『積み木』『塗り絵』『めいろ』をしたみたい。ここで先生方とはお別れをし、Viviは知能検査を受けることに。この時の結果はもらえず、いったい何の検査をしたのか、数値はいくらだったのかはわからなかったけれど、後日市から「普通学校の普通学級へ進学しましょう」という通知が届いたの。

 

(小学3年時、発達障がいであることを学校へ報告したとき、この時受けたテストが“田中ビネー”で全検査IQが96だったことを教えてもらったわ)

 

 

Viviには年子の姉がいるんだけど、長女がやっている勉強や宿題、遊びをViviがこなせるとは到底思えなかった私。「普通学級へ進学できますよ!」と判断されたことは嬉しかったけど、「本当にこれで大丈夫?」という不安はいつまでもぬぐえなかったわ…。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM